一条正都 License to Stealがダウンロード出来るURL

一条正都 License to Stealのダウンロードは下記のリンク先から

 

 

 

フィニッシュ時のピストン、あなたはどうやっていますか

セックスの本番でペニスの快感が高まり射精に至る時、あなたはどんな風にピストンを行っていますか?
おそらく「もうイクぞ、射精するぞ」となった時点で激しくピストンをして一気に強烈に快感を高めて射精にいたるでしょう。
初めてセックスを経験するよりも前から男性はオナニーを何度もする中で「イク時は激しくシゴいた方が気持ちよくイケる」という事を分かっていますので、オナニーでもセックスでもイク時はこれが当たり前になっている事と思います。

 

では女性はどうでしょうか?
女性もまた、イク時にやって欲しい膣内の刺激のやり方、即ちピストンのやり方というのがあるのです。考えた事も無かったという人もいるかもしれません。女性がイキそうになったら、ピストンのやり方も変えるべきなんです。
そもそも女性がイキそうな状態にあると、どこで判断すれば良いでしょう?

 

セックスの正しいやり方は教えてもらえない

他人のセックスなんて見る機会はあるはずもなく、セックスのやり方というのはほとんどの人が手探りというか何となくでやっていると思います。キスしたり抱き合ったりしておっぱいやアソコを触り、本番へ・・・という流れは分かっていても、どんな風にやって、どうなったら次のステップに移れば良いのかは分かっていない方が多いのでしょうか。

 

1人よがりなセックスになってしまわないように

男はイキそうになったら激しくペニスを刺激してイキたいと思う。同じように女性だってイキそうになったらやって欲しい膣内の刺激方法がある。
例えば手コキしてもらっている時、男は「もっとこの辺をこう弄って欲しい」「イキそうだからもっと激しくシゴいて」とか女性に伝えられる人がほとんどでしょう。「こうして欲しい」と言うのが恥ずかしいという男はあまりいないと思います。
しかし女性の場合、例え相手が彼氏や旦那という間柄でも、セックスの時にどうして欲しいかを伝えるのが恥ずかしいという人は少なくありません。
また、そもそもどうすれば気持ちよいのか自覚していない場合もあります。
オナニーでクリトリス刺激による快感はわかっていても膣内刺激はしていない女性の場合、セックスの上手な男性とした事がなければセックスでどうされれば気持ちよいのかが分からないのです。

 

セックスは男性の一人よがりなものになってしまいがちなんです。

 

経験人数1万人以上のAV男優によるセックスのハウツー

一条正都はセックスした女性の数がなんと一万人以上。AV男優だからそりゃ・・と思うかもしれませんが、仕事でのセックスはその7割。つまりプライベートでセックスした相手だけでも3千人です。
女性の快感の感じ方・感じる部分にも個人差というものはありますが、これだけの人数を相手にした一条正都は、もちろん「誰にでも通じるテクニック」「これは個人差があるのでこうすすると良い」という風に、どうすれば女性を気持ちよくしてあげられるセックスが出来るかを把握しています。

 

ぜひ彼の実践動画と解説を見て、正しいセックスのやり方を学んでみてください。