北条麻妃が教える膣開発法 動画のダウンロードはこちらです

北条麻妃が教える膣開発法は動画教材です。
動画は下記のリンクから

 

 

膣の開発とは

ペニスを膣に挿入してのピストンで女性がオーガズムに達するというのは、何も知らずにセックスをしているだけでは難しいものです。
膣内の性感を高めて、容易に膣内オーガズムに達するには膣の開発が有効です。

 

膣の開発を行う事でナカイキ出来るようになる、というのは多くの方が聞いた事はあると思います。しかし具体的な開発の方法となると知らない方が多いでしょう。
漠然と「膣内を激しく刺激していればその内開発される」という風に考えている方が少なくありませんが、それは間違いです
むやみに膣内に激しい刺激をしても女性は痛みを感じるだけなのでやっても意味はありません。そんな事で膣の開発は出来ませんし、ましてやピストンを激しく行ったからといって女性がナカイキするというわけでもありません。

 

また「スローセックス」という言葉が独り歩きしたのか、時間をかけて愛撫やピストンを行う事が開発やナカイキに繋がると考える人、いろんな角度かペニスを挿入してピストンを行うと開発出来ると思っている人が時々いらっしゃるようですが、これも違います。ら

 

膣の開発は順番を踏んで行う必要があります。

 

 

ナカイキの快感はクリイキとは比べ物にならない

ペニスを挿入してのピストン。
互いの性器同士を擦り合わせて共に快感を得る本番行為は、セックスのクライマックスです。男性なら本番で自分だけではなくパートナーの女性もイケたらどんなに良いだろうと思いますよね。あるいは女性もそう思う方も結構いるでしょう。

 

しかしその一方で、

 

ナカイキって簡単には出来ないらしいし、やり方も分からない。クリトリスを弄ってイカせてあげているのだから、別にナカイキなんて出来なくても良いだろう

 

こんな風に考えている人もいますよね。
ナカイキできなくてもクリイキ出来れば良いだろうと。

 

しかしこれは大きな間違いです。
ナカイキとクリイキはオーガズムとは言ってもかなりの違いがあります。

 

クリイキは男性の射精のように快感が走る時間は短く、快感自体もそれほど深くはありません。もちろん男性にとっては射精時のオーガズムは最も気持ちが良い瞬間ですし、クリトリスでしかオーガズムを感じた事の無い女性にとってもクリトリスでイクのは最高に気持ちよいでしょう。
しかし両者を「それほど深くは無い」と言ってしまえるほどにナカイキの快感はとても強烈なのです。
しかも快感が走る時間も長い。深くて長い快感なんです。

 

神経からして違う

実はクリトリスと膣内の性感帯は司る神経が異なる事が分かっています。
神経からして違うのですから、快感の深さや長さが違うのは当然と言えるでしょう。